ヘルレイザーの魔導士みたいなリアクターに魅入られてしまうw【KARATE(Download)】

First Time Hearing BABYMETAL - Karate | Reaction



※彼の場合、ヴォイス・エフェクターを使っており聞き取りにくいのでザックっとした意訳になります。

ニュアンス的には、そんなにかけ離れていないと思いますが間違っていたらごめんなさい。

「私の名前はヴェル・トライスだ。」

「ヴェルという名前でいく。」

カントリー・ミュージックを楽しんでいたところ、私の人生を悲劇が襲った。」

「ヘビーメタル・ソングのボディで生き返った。」

「アルフレッドは私がこのジャンルに慣れていないので幸運にもヘビーメタルを提案してくれた。」

「隠れ家へ、ようこそ。」

「ようこそ、ヴェルだ。」

「そして、これは紹介のように私の隠れ家だ。」

「これまでのところ、あなたの持っているメタルの世界は初めてなんだ。」

「私は主に、Metallica、 Pantera などのバンドを聴いていた。」

「今までに聴いた事のないバンドのリストをもらいました。」

「彼らの音楽も聴いたことがありません。」

「これらのバンドは真新しく興味深いものになるはずです。」

「私の隠れ家はドアを開け、まずは最初のエリクサー(錬金薬)の真新しい彼らを歓迎しよう。」

「今夜は BABYMETAL をごちそうします。」 ←w

「これは KARATE だ。」

「なぜ2016年ダウンロードフェスティバルでプレイしたのか、バンド名からも私をチョッと混乱させる。」

「私は、そのコンセプトを理解していない。」

「しかし、何が起こっているのか? YOUTUBE を呼び出してみよう。」

「BABYMETAL の KARATE を聴いてみよう。」

「カオスの始まりだぁ…」 ←w

「という事でビデオ鑑賞へ

「オーライ、見た感じエライ若いなぁ…」

「空手の動きだ。」

「オーケイ、これは引き込まれる。」

「私は凄く混乱している。」

「凄く良いな。」

「ナニ!?」

「Wow! これは不思議だ。」

「彼らは非常に愛らしいのがポイントだな。」

「オーケイ、見てくれコレを…」

「Oh! クラウドを引っ張っている。」

「ローディは良くやっている。」
(ローディ=ミュージシャンのサポート)

「見てくれ。 空手の素晴らしくカッコイイ型を…」

「私には役に立たなかったけどね。」

「戦いの準備をしている。」

「凄くキャッチ―だ。」

「彼らはクラウドを引っ張っているわぁ…」

ここからブレイクダウンのところです。

「なんてこった。」

「彼らは寝るべきではない。」

「このパフォーマンスが非常に疲れたからだと想像するしかない。」

「ダウンロードフェスティバル…」

「彼女は再びクラウドの指揮を執っている。」

「丁度デザインしながら指揮している。」

「彼女は闘いの準備をしている。」

「会場のムードを盛り上げている。」

「どんなハプニングが待っているのか。」

「これはエクセレントだ! 素晴らしいわ。」

「確かに…」

「バトル!」

「非常にうまくやっている。」

「女性達の力強さが非常に印象的でプロジェクトは非常に才能があるね。」

「彼らはフェードアウトしていく。」

「これはナニ? 何なんだ、このシンボルは…」
(キツネサインの事です。)

「なんかの動物のようにも見えるけど何なんだ。」

鑑賞後では

「これは本当に非常に見事で確かに最も印象的だった。」

「これらの若い女性は非常に才能がある。」

「そして私は彼らが非常に上手く観客を指揮し戦闘態勢に持っていく方法が大好きだ。」

「とても上手くやったね。」

「私は彼らが隠れ家に素晴らしい追加をすると信じている。」

「彼らの音楽をもっと楽しむ必要があるだろう。」

「私はアナタが隠れ家で、より多くの BABYMETAL を望んでいるのかどうか知りたい。」

「他のどのバンドを隠れ家で見たいですか?」

「下のコメント欄でフィードバックを残してください。」

とまあ、こんなところです。

BABYMETAL_KARATE_Download 2016.jpg

この記事へのコメント