LEGEND - METAL GALAXY DAY-1・2 参戦メモまとめ

ライブの曲などの感想は他のブロガーさん達が詳細にレビューされていると思いますので2日間を通して感じた演出やライブ全体について考えていきたい思います。



今回、使用された巨大ディスプレイはネット状のスクリーンにLEDを細かく配置したものが使われていて巨大キツネ祭りで使用されたものより大きくワイドな中央ディスプレイと、それを補完するように設置されたアスペクト比が4:3のディスプレイが左右に2つ設けられ、これを最大限に利用し、まさに音楽と映像と光のショーでした。

神バンドのドラムはしょうがないとしてギター・ペースはアンプのコントロール部分だけ残しスピーカーは全てスクリーンの裏という徹底ぶり。

巨大キツネの時のセットをスケールアップしたという感じですね。

表に出ているスピーカーは天井からぶら下がっている大小のラインアレイスピーカーの2組のみ。
※修正しました。 コメント欄から指摘いただき有難うございます。

このラインアレイスピーカーは縦には広がらず横のみに広がるスピーカーで BABYMETAL のライブでは良く見かけます。

したがって舞台演出のための装置と言えば周囲にディプレイが装着されたリフターのついた上下前後に移動するステージのみです。

この舞台、ライブ前は殺風景ですがライブが始まると映像と光・音、舞台演出によって引き込まれてしまう。

前置きが長くなりましたが、この総合演出でオーディエンスをメタル銀河を旅するスペース・オデッセイへ誘うという演出だと私は解釈しました。

今回ほとんどアルバム:METAL GALAXY の曲順でやってくれていたので、なんとな~くですがストーリー性を感じるんですよね。

VAGABOND-METALさんが、まとめて下さった2日間のセットリストでみていくと…

FUTURE METAL は旅立ちのセットアップ → DA DA DANCE で、いざ出発。

その後の曲、Elevator Girl、Shanti Shanti Shanti、Oh! MAJINAI、Brand New Day、Night Night Burn!、N THE NAME OF、Distortion、PA PA YA、BxMxC、Kagerou で色々な国々やシチュエーションを経験といった具合。

Elevator Girlの映像ではリアルタイムポストエフェクトを使った、いかにもエレベーターに乗っているという演出ですが、歌詞に♪地下2千階♪とあるように、これって Distortion などの映像に出てくる未来都市のエレベーターを表現しているのでは?と解釈できませんか?

Shanti Shanti Shanti、Oh! MAJINAI、Night Night Burn!、PA PA YA はメタル銀河内のインド風、ロシア風、スパニッシュ風、エスニック風な国を訪れたというイメージ?

N THE NAME OF はダークサイドに突入するプロローグ。

BxMxC は、メタル銀河の旅の最中に色々な意見や主張がぶつかるシチュエーション。

Kagerou は、BxMxC でのシチュエーションを受けての内に秘めた思い。

CG 映像を使った演出では、Brand New Day で宇宙船:GALAXY ARK 号?が、アカツキ色に染まる未来都市を訪れ、Distortion、Starlight にかかるような映像を使っています。

この CG を作るのも、かなりの費用が掛かると思いますが気合入っていますねぇw

Brand New Day、Distortion にメタル銀河の旅で訪れた荒廃した惑星の都市が表現されていて、本来 Starlight も PV から Distortion の流れをくむ映像なんですけど今回は光の演出のレーザーとステージに気を取られていて記憶にないんですよ。

ごめんなさい(汗

そして、Starlight、Shine、Arkadia ですが、最初にアルバム:METAL GALAXY を聴いたときは Shine、Arkadia が関連する2部作だと思っていましたが、Starlight を含めた3部作と解釈した方がよさそうですね。

艱難辛苦を乗り越え、Starlight で光り輝く場所を目指す事を決断、Shine はその光り輝く場所を目指している過程、そして理想郷アルカディアを目指す強い使命感を帯びた意気込みを唄っている。

といった流れで、全てが繋がって一つのストーリーになっていると思えるんですよね。

ライブ前に映像作品に残すための内容がアナウンスさえていましたから間違いなくブルーレイ化すると思いますが、これが映像化されたら単なるライブ BD ではなく、大袈裟かもしれませんが TDL にあるスターツアーズの巨大版に乗っているような気分になれる映像になる気がします。

光り輝くアルカディアを目指しメタル銀河を旅するスペース・オデッセイの映画のようなライブ BD に。

今から発売が楽しみですよね。

関連記事: LEGEND - METAL GALAXY DAY-2 参戦メモ

BABYMETAL_LEGEND-METAL GALAXY.jpg

この記事へのコメント

  • スピーカーは大きいのが2つと小さいのが2つと吊されていたと思いますが。
    2020年01月27日 22:09
  • 確かにラインアレイは大小ありました、Bブロックの半ばのほぼ直上なので音が出ているかは自信ナイです。
    2020年01月28日 07:03